京都府城陽市、宇治市、久御山町の耳鼻科 耳鼻咽喉科・アレルギー科やすだクリニック

  • お問い合わせ 050-5533-3162
  • Webで簡単予約 初めての方もOK!

専門的な治療

専門的な治療

舌下免疫療法とは

スギ花粉症やダニアレルギー性鼻炎の治療法のひとつに「アレルゲン免疫療法」があります。
「減感作療法」とも呼ばれています。
これまでアレルゲン免疫療法は治療薬を皮下に注射する「皮下免疫療法」が行われていました。
近年、皮下ではなく舌の下(裏)に治療薬を投与する方法が登場しました。これが「舌下免疫療法」です。

※アレルゲン免疫療法とは
アレルギーの原因となる「アレルゲン」を少量から投与し、体を慣れさせることでアレルギー症状を和らげる治療法です。
アレルギー症状を治したり、長期間にわたり症状をおさえる可能性があります。治療は年単位で長期にわたります。

スギ花粉症の免疫療法とは

スギ花粉抽出物を低量から体内に入れ、反応を見ながら少しずつ量を増やし体質を変えていく治療です。

どのように舌下免疫療法を行うのか?

スギ花粉を抽出した液状の薬を舌下に垂らします。
そのまま2分ほど舌の下(裏)置いておき、飲み込みます。
まず毎日少しずつ投与量を増やしていきます。3週目以降は一定量を毎日投与します。
*1回目は必ず医療機関で行い、2回目以降は自宅で行います。

スギ花粉症の免疫療法

ダニアレルギー性鼻炎の免疫療法とは

2種類のダニの成分を含んだ薬を低量から体内に入れ、反応を見ながら少しずつ量を増やし体質を変えていく治療です。

どのように舌下免疫療法を行うのか?

ダニのエキスを含んだ錠剤(舌下錠)を舌の下(裏)に置きます。
錠剤はすぐに解けます。1分ほど置いておき、飲み込みます。
飲み込んだ後5分ほどはうがいや飲食はできません。
これを1日1回自宅で行います。

ダニアレルギー性鼻炎の免疫療法

よくある質問

舌下免疫療法と皮下免疫療法(減感作療法)の比較

舌下免疫療法 皮下免疫療法
投薬方法 口に含む 注射
治療期間 2~5年 2~5年
通院頻度 少ない 多い
維持量までの期間 1~2週間 2~6ヶ月
副作用 極めて少ない まれに重篤
体への負担 口に含むため痛みはない 注射による痛み

舌下免疫療法はどのように治療を行うのか?

1日1回、少量の治療薬の服用から始まります。その後は少しずつ増量、高濃度に移行します。これをまず2年は継続していただき、効果が認められれば4年から5年の治療をお勧めいたします。
初めての服用は医療機関で医師の監督のもと行います。2回目以降は自宅で服用します。
毎日行います。うっかり忘れてしまったり、様々な事情でできない日もあるかと思いますが、できる限り毎日行ってください。
間隔があくなど、服用をしたりしなかったりを繰り返すと、効果が期待できないだけでなく、安全性に問題があります。
いい加減に行うと、大きな問題となりますので、ご注意ください。

投薬時間は決まっていますか?

投薬時間はいつでも構いません。
*副作用/副反応が出た際の対処がしやすいため、午前中の投薬がおススメです。

治療を開始する時期は決まっているのですか?

ダニアレルギー性鼻炎に対してはいつでも開始できますが、スギ花粉の治療については1~5月をなるべく避けております。
スギ花粉症の方がスギ花粉の飛散が始まる直前や飛散時期に治療を開始することは安全性に問題があります。
治療開始にあたっては必ずアレルギー検査を行います。

治療費用はどのくらいかかりますか?

スギ花粉症の場合

舌下免疫の薬は他の花粉症治療薬に比べやや安い価格ですので、他の治療や薬の処方がなければ保険適応3割負担で1か月あたり2000~2500円程度の負担となります。
治療開始前の検査や1年に1回程度の検査の際には4000~5000円程度の検査費がかかります。

ダニアレルギー性鼻炎の場合

保険適応3割負担の方で診療費と薬代を合わせて1か月3500円前後となります。

当院で舌下免疫療法での治療を希望される方へ

舌下免疫療法は治療開始する前に必ずアレルギー検査を行います。
安全に治療を行なうために行政の規定で、初回の舌下投与は当院内で行い、投与後30分以上院内で経過を観察する義務があります。
そのため、初回の舌下投与(通常では2回目の受診日)は9時半もしくは16時半にご来院していただきます。
初回の検査受診日や治療開始後2回目以降については診療時間内であればいつでもお越しいただけます。
当院では現在、新規の皮下注射による減感作療法は行っておりません。舌下投与による減感作療法のみとなります。

TOPへ